5月のブログ

【5月のブログ】

【スピードを伴う競技のパフォーマンスアップ】

最近は、スピードを伴う競技(野球やサッカーやバスケや陸上など、ほとんどの競技)
には、共通の改善を行う事が多いです。
長い間ずっと(10年くらいですかね^^)何か共通の改善で、全競技的に効果の出るものないかなぁと探していました。多少くらいなら効果のあるものは色々ありますけど、明らかなパフォーマンスアップっていうのはなかなか難しかったです。
それが見つかったのが最近です。
部位で書いてしまえば当たり前ですが「肩甲骨、肋骨、骨盤」という所へのアプローチになります。
細かい手技の説明はおいといて、簡単に言ってしまえば
【体幹を小さくする】
という事になるかな、というとこです。

腕がパワフルに自然に使えるようになるし
体幹がよく動く様になるので、肋骨が動いたり、背骨が動いたりするので
バランスも良くなりますし
骨盤が動いてくれるので、いわゆる「キレ」と呼ばれる様なものが上がります。
足の接地位置も変わります。自然にバランスの取れる位置に足をつける様になります。
要するに、全部のパフォーマンスが向上します^^

色々な競技の指導の軸になる事は間違いないですね。
今まで以上に色々な競技を教える事に役立ちそうです。
5月の1ヶ月でドンっと個の能力を向上させたい方はお待ちしてますよ



【バリーボンズ】

今、本を書いてます。
去年【ピッチングバイブル】という本を出させて頂き
今年は【バッティングバイブル】を出そうと思い、現在執筆中です。

その為、また一からバッティングを研究して、自分でもコロナで人がいっぱいの公園の端っこで、携帯で撮影しては振って、また撮影しては振ってと、黙々とバットを振って、研究をしています。
その中でやはり、研究材料の一人としているのが
【バリーボンズ選手】
です。メジャー屈指の強打者で、メジャーのホームランキングに輝く、素晴らしいバッターです。彼のバッティングはやはり素晴らしいですね。何回ボンズ研究してんだってくらいやってますけど、毎度新しい発見がありますからね、本当にすごい選手です。
色々バッティングの能力を向上させる方法で気づく事が今回もありましたけど、それは本を買っていただいて見て頂くとして^^

その中でも1つお話しすると【フィニッシュの形】という事があります。
ボンズ選手のフィニッシュの形は非常に美しいです。私の感覚としては美しいのですが、人によっては、そうか?という人もいるかと思いますが、私は美しいと思います。
「その形を真似して下さい」とか「その形を作ろうと振って下さい」なんて事は
全く言いません。ボンズ選手も意識してないでしょうし、【勝手に】なっているものでしょうから、真似しない方がいいと思いますよ。

あの形になるには、ある【骨格的特徴】を持つと、自然とあの形になります。
その骨格的特徴を有すると
自然と体幹の力で打つ事が出来るようになります。
腕を使って打つという要素が減ります。
バットヘッドのコントロールを失う事が減ります。
ピッチャー方向へのスイング力が増します。
自然と打球が上がる方向へ行きます。
とまあ、簡単に言っちゃえば【ボンズになれる】って事ですね^^

逆に言っちゃえば、その骨格的特長が無く、何億回スイング練習しても
ボンズにはなれないって事ですね。
そりゃそうですよね、システムが違うわけですからね。
英語を1億時間勉強してたらいつのまにかフランス語が出来るようになってた
って事はないですからね、システムが違いますからね。
なので、バッティングの能力を伸ばしたかったら
その骨格的特徴を獲得した方が早いって事ですね。

今年のスポーツのイベントはどうなるか分かりませんが
スポーツには人を元気にする力がありますからね
自粛明けのスポーツは盛り上がりますよぉ
その時に、あなたがバリーボンズになっていたら、、、
やばいですね^^