2月のブログ

競技、動作の定義】

私はもともと、「定義」というものをしっかりと考えてから指導を行う事を心がけています。
「足が速くなる」という事の定義は何なのか?
「高く飛べる」という事の定義は何なのか?
というように。
定義がキチンと定まらずに指導をすると、何の項目を向上させていいのかが曖昧になってしまうからです。

例えば、上の例で言えば
「高く飛べる」という定義が、『いかに足の筋力で床を蹴ることが出来るか』
という定義だったとしましょう(もちろん違いますよ^^)

そうなると、どうやったら足で床をしっかり蹴ることが出来るかなぁ?
って思考になりますよね
そうなると、足の爆発的な筋力を鍛えよう!とかが考えつきますよね
そうなると、スクワットで筋力を向上させ、プライオメトリクスで爆発的な筋力を向上させよう!って、大概なりますよね。

当たり前ですが、定義にしたがって、トレーニングというのを考えるわけです。
ということは、定義が違っては、違うトレーニングを処方する事になるわけです。

病気の診断が違えば、違う薬が処方されるのと同じです。
非常に怖いですよね、自分の病気とは関係ない、違う薬を飲むんですよ。
定義が間違えれば、自分のパフォーマンスアップとは関係ない、トレーニングをするんですよ。非常に怖いですし、勿体ないです。
なので、定義というのは非常に大事になります。

キレの正体】

上の文章で言っていた、定義という事で、今私は
【キレ】というものの定義を研究しています。
よくスポーツの場面で使われる言葉ですね。

キレの良い球を投げるピッチャー、とか
キレのあるドリブルで相手を抜く、とか
キレのあるパンチを打つ、とか

様々な場面で使われる言葉です。
この【キレ】というものの正体、定義って一体何なのかなぁ〜ってのを
ずっと考えてきたのですが、ようやくその正体が分かってきました
そして、そのキレを作り出すのに必要な条件も分かってきました
まだ100%の確信ではないですけど、おそらく正解だと思ってます
指導した選手に明らかに【キレ】が出てきたからです

世の中には色々なトレーニングがあります
筋力トレーニングだったり、アジリティ系のトレーニングだったり、動きのトレーニングだったり、様々存在します。ただそれらのトレーニングでは、【キレ】は獲得出来ないのかなぁって思います。絶対獲得出来ないという訳ではないと思いますが、単に動きが速くなるだけで、【キレ】は出てこないのかなぁって思います。
それは【キレ】の定義がしっかり出来てないからだと思います。

色々なスポーツの、色々な構成要素があります。
それらがキチンと定義づけ出来るように色々とこれからも研究を続けていきたいとおもいます。

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野