11月のブログ

【11月のブログ】

10月は今日本のスポーツ界における2トップの選手を生で見てきました
その2トップとは
【テニスの錦織圭選手】と
【ボクシングの井上尚弥選手】です
動画で見るのとはまるで違う、生の動きを見て私なりに感じた事を
皆さんにご紹介したいと思います。

・錦織圭選手
10月に行われた「楽天オープン」
錦織圭選手を見てきました
私が見に行った日は日本人対決となり杉田選手との試合でした

錦織選手の凄さを実感したのは
奇しくも杉田選手の動きがヒントになりました
錦織選手との試合中、私はなんか引っかかるというか
なんとも言えない気持ち悪さを覚えていたのです
それがずっと気になっていたのですが
試合を見ていたら、だんだん分かってきました。

杉田選手はスイングスピードと、実際にボールが飛んでくるスピードが合ってなかったのです。野球のピッチングでいうチェンジアップのようなボールになっていたのです。
ラケットを押す時間が短く、ボールに対して力を加えている時間が短かったのです
逆に錦織選手はラケットがボールを押す方向に動く時間が長く
しっかりとボールに力を加えることが出来ていました

錦織選手もこのくらいの勢いでボールが飛んでくるだろう、というタイミングで動いていたのですが、ボールが来ないので序盤はタイミングが取れていませんでした。
しかし途中から明らかにスピードを落とし、本気度を落とすと、タイミングが合ってきてそこからはもう杉田選手は手も足も出ない感じになりました
「本気度をここまで下げた僕に手も足も出ないのか、なんだか寂しいな」
という錦織選手の心の声が聞こえてくるようでした。

錦織選手のバックはやはり素晴らしく非常にラケットの動きも安定しつつ、しっかりとボールを押すことが出来ていました。体幹部の自転が1人だけ別物でした(自転については先月のブログをご覧ください)あれだけ体幹が自転できると、ラケットが動く事を体が邪魔をしないので、コントロールもよくショットを打つことが出来ます。さらに左右に振られた時もバランスを崩すことなく、力強いショットを打つ事が出来ます。
これは世界レベルの選手の特徴だと思います
【左右に振られた時に、ただ返すだけでなく
力強いコースをついたショットで返す事が出来る】
いわゆる世界上位ランカーの人は皆この能力があると思いますが、そうでない方は左右に振られると返す事は出来ても、ほんとにただ返すだけになってしまいます。
この能力を持ち得ているのは、日本ではやはり錦織選手ただ1人だと思います。

やはり体幹部の自転の大きさというのが、スポーツパフォーマンスの高さを表すと言っても過言ではないのかなと思います。
自転が起こりやすくなる条件というのも存在しますが、それは12月に行われる
タイガーウッズのセミナーでお話ししたいと思いますので、そちらに来ていただくか
それ以降のブログでご紹介したいと思います。

・井上尚弥選手
同じく10月にボクシングの井上尚弥選手のWBSSバンタム級トーナメントを観てきました
結果は皆さんご存知かもしれませんが、1R70秒での衝撃的なKO勝利でした
伝説と言われる試合になると思いますので、その場に立ち会えた事が非常に光栄でした
70秒しか見る事は出来ませんでしたが、色々発見する事が出来ました

井上選手は、2発のパンチでパヤノ選手を倒すのですが、特にフィニッシュブローになった
「右ストレート」このパンチは素晴らしかったです。
まずはその骨格的な所からの話ですが、動画などで観てもらうと分かるのですが、井上選手の右肘は90度くらいの角度になってます。しかし、肘がその角度なんですけどグローブはアゴのすぐ前においてあります。
真似をしてみて下さい。
肘を90度にした状態でアゴの前に置くんですよ。肩をめちゃめちゃ後ろに持ってこないとそのポジションにならないのが分かると思います。画像でも見て分かると思いますが、頭と肩がめちゃくちゃ離れています。
このポジションから放たれる右ストレートはそりゃ威力ありますよね。
しかも動きながらそのポジションになっている訳ですから、自然にその骨格になっている事が分かります。
凄まじい骨格です。そりゃ強いわけですよ。

さらにこの右ストレートを打つ「方向」これが凄いんです。
探してもらうとあると思いますが、リングの上(頭側)から写した映像があるのですが
ありえないような方向に右を放っています
ストレートと呼ぶかフックと呼ぶか、まあそれはいいんですが、パヤノ選手に1番効く
真芯中の真芯に向かって打っています。
動く相手に対して、あの方向に打てるのは、通常のトレーニングなどでは決して得る事が出来ない能力だと思います。
いくらパンチ力があっても、相手にダメージを与える方向に打てなければ、当然倒す事は出来ません。井上選手はそのパンチを打つ方向が素晴らしいのです。
パンチ力があって、パンチを打つ方向が完璧
こりゃ強いわけですよ。
パンチを最適の方向へ打つ事が出来るようになるには、脳のある領域が関わってくるのですが、そこへアプローチしない限り得られる能力ではないと思います。

錦織選手にせよ、井上選手にせよ、非常に素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました
見せてくれたと言うより【魅せてくれた】と言ってもいいかもしれませんね^^
2人ともますます活躍して頂いて、もっともっと上の世界を目指してもらいたいと思います。
いやぁ〜見れてほんとよかった!

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野