JB??

【世界のトップの共通点】


陸の上で、スピードを必要とするスポーツ

(陸上、野球、バスケ、テニスなどなど)

には

トップの選手に、ある共通の骨格が存在すると私は感じてます



その骨格を私は勝手に

【JB】

と名付けてます

二つの単語の略語ですね



各競技のスーパースターはみんなJBになってます

陸上界ではボルト、バスケではマイケルジョーダン、テニスではフェデラー

みんなJBです。



JBを有すると重心が非常に動かしやすくなるので



【頑張らなくてもハイパフォーマンスが出る】



ようになります。

一流選手が楽そうにプレイしているのはJBだからだと思います



逆にJBじゃないと、いわゆる

『頑張って一生懸命プレイしているが

あまりパフォーマンスが出ない』

という現象が起こってしまいます



よく指導者が

「力を抜け!」や「もっと楽に、リラックス!」

といったアドバイスを選手にしていますが

残念ながら無理です、力を抜きたくても抜けないのです

抜いてしまったら、何にも力が生まれないからです



力を抜いても、プレイ出来るのは、さっきも言った通り

力を抜いても重心が動く事が出来るから

そこで力が生まれるからです

重心が動かない人が力を抜いてしまったら、何にも出来なくなってしまいます

JBの人だけが、力を抜く事が出来るのです



JBを獲得する事がスポーツのパフォーマンスをあげるのには

一番の近道だと私は思います

100%完全にJBにならなくても、そのエッセンスが少し入るだけで

パフォーマンスは向上します

皆さんもJBになってみて下さいね^^



多分、この文章を読んだ方は全員思うでしょうね

【JBって結局なんやねん!】

ってね。

それは指導を受けて確認してみて下さいね

ちなみに写真の方も名前はJBですね^^

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野