ミクロとマクロ

物事は何でもそうですが

【直接的と間接的】

な見方、捉え方があります



例えば膝痛で考えてみると

膝そのもの(膝蓋骨や大腿骨、脛骨など)が歪んだりして起こる膝痛は

【直接的】ですよね

しかし、骨盤の歪みや背骨の歪みから、左右にかかる体重などの不均衡などによって

起こる膝痛は

【間接的】ですよね

どちらを観れるのが凄いとかではなく、当たり前ですけど

両方の側面から観ていくべきですね



スポーツにおける大事な項目として

【重心移動】

というものがあります

では重心移動というものも

直接的と間接的で捉えてみましょう



人の重心というのは一般的にはへそ奥にあると言われています

(もちろん個人差があります、それがスポーツのパフォーマンスを左右しますからね)

ではへそ奥にある重心に【直接的】に関与しそうな部分はどこがあるでしょう?

へそ奥の近くにあるものとしては

腹筋群、背筋群、腰椎、横隔膜、骨盤

そのあたりでしょうか



【間接的】にはどうでしょう

これはいっぱいありそうですね

肋骨、胸椎、肩甲骨、大腿骨、頭蓋骨などなど

直接的ではないもの全てと言ってもいいかもしれないですね



私は最近【直接的】に関与するものの中で

【腰椎】

というものに再注目しています

重心に近い骨ですから、当然ながら今までも色々研究してきたのですが

ここに来てまた再注目です^^



腰椎の形や、骨盤や肋骨などとの相対関係など

色々研究、改善して来ましたけど

今見ているのは

【腰椎の可動するタイミング】

というのを見ています



背骨はS字構造である事はご存知だと思いますが

ずっと同じ形をキープしている訳ではありません

運動の様々なタイミングで、様々な形に変化しています

その変化のタイミングというのが最適かどうか

という所を見ています



先程言ったように、腰椎は重心に近い骨なので、その可動するタイミングと

重心が移動するタイミングに相関関係がある事は想像出来ますよね

やはり世界のトップ選手たちは、いいタイミングで腰椎が動いているんですよねぇ

それを自然に行える骨格を作り上げる感じですね



ちょっとマニアックなミクロの話ですけど

かなり大事な項目ですね

とくに一流選手に比べて、足回り(骨盤とか股関節とか)の骨格が

違うんだよなぁと感じる方には非常に重要になると思いますよ

いい腰椎を手に入れて下さいね^^

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野