様々な競技の指導行う事が出来る?

最近は今までにも増して、様々な競技の方からの指導依頼を頂いています
非常にありがたい事です
『自分の行ってきた競技種目を教える事は出来ても、何でやった事もない種目を教える事が出来るんですか?』
という質問は今まで何百回と受けてきました

私は中学高校とバスケ部でした。思いっきりスラムダンク世代ですからね^^
しかし、野球を教え、サッカーを教え、水泳を教え、テニスを教え、ボクシングも柔道も他の色々な競技も教えるようになっています。
『その競技の選手に筋トレを教えているんですか?』
とも聞かれますが、いや、全く教えてないです
【競技能力を上げる事、そのものを指導してます】

私が競技力向上を目的とした方に指導をする際にする事は2つです
【その競技の行いやすい骨格に変える】
【その競技動作を効率化する】
この2つだけです。

この2つを指導する為に、その競技をめちゃめちゃ研究します
その競技の世界一の人はどういう骨格で、どういう動きをしているのだろう
2位は?3位は?4位は?世界10位くらいの人は?
日本チャンピオンは?日本10位くらいは?歴代のチャンピオンは?
通常のスピードで見ると?スローで見ると?倍速で見ると?巻き戻しで見ると?
何も考えず俯瞰でリピートで100回くらいみると何を感じる?
自分の骨格をそう変えて動くとどういう感覚になる?
何でこんな感覚になるんだ?もう一回ビデオ見てみよう
自分の選手は?こういう指導をしたらこういう変化が出た、なるほど何で体がそれを選択したんだ?もう一回世界トップを見てみよう、、、、
エンドレスリピートです。

そうやってようやく
【その競技の行いやすい骨格とはどういうものか】
【その競技の効率的な動作はどういうものか】
というのが少しずつ分かってきます
それをどの競技でも行うのです
さすがに目が肥えてきますよ^^

専門種目を持たない事が私は自分の強みだと思っています
【常識の枠の外から見る事が出来る】
と思いますからね
これからも色々な競技を指導して、色々な骨格改善を行い、色々な競技動作改善を
行っていこうと思います

そうそう何でこんな話をしたかというと
今度こんなセミナーをやるからです^^
【アスリートの動作分析のやり方を学ぶセミナー】

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野