当たり前だけど、大事な事

今回のブログは短いですけど、当たり前の事なんですけど
とても大事な事です
【確かに!】
っていう人が多いんじゃないですかね

では

なんの競技でもそうですけど
【右手の前側(右肩の前とか右腰の前とか)で何かを扱う場合
右手を使った方がやりやすいです】
【左手の前側で何かを扱う場合、左手を使った方がやりやすいです】

どうです?めちゃめちゃ当たり前ですよね
右手の前側で何かを扱う時に、左手をわざわざ使う人いませんよね?
右手の前にあるスマホを、左手で操作する人います?
左手の所にノートをおいて、右手で書く人いませんよね?
左手の前にまな板をおいて、右手で包丁を使う人いませんよね?
非常に単純です
【やりずらいんです】

日常動作だとすぐわかる事がスポーツだと意外と気がつかない人が多いです
(右利きとして話をしてます)
「野球のバッティングにおいて、出来るだけボールを手前まで引きつけて打ちたい
と思っているのに、左手主導で打とうとしている」
「ゴルフにおいて、左足の前にボールがあるのに、右手で打とうとしている」
「野球の守備において、左手にグローブをしているのに、体の正面でボールを取ろうとしている」
など、結構やりずらい事をしている事があるのです

単純で当たり前の事ですけど、とても大事だと思います
なんの競技もやりやすいように行いましょうね

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野