競技能力を向上させる現実

『あなたの今の体で、練習をひたすら行ったら、あなたの行なっている競技のトップになれますか?』

この質問に自信を持って【YES】と答えられる方は、続きを読む必要は無いと思います

しっかり練習頑張って下さい!


もし自信をもって【YES】と答えられない方は、続きを是非読んでみて下さい

損は無いと思いますよ

====================

私はこう考えています


【競技能力の高い低いは、その人の骨格が決めてしまう】

じゃあ

骨格が良くない人は、頑張っても無駄なんですか?と聞かれそうですが

残念ながら


【はい、そうだと思います】


これはスポーツに限らずですが、何をするにも合う合わないというのが必ずあります

人見知りの人が接客業は合ってないでしょうし、子供が苦手な人は学校の先生は合ってないと思います

スポーツも同じです

柔道が得意な骨格の選手は足は遅いでしょうし、重心の高い選手は相撲に向かないと思います


競技能力と『骨格』というのは切っても切り離せないものだと思います

むしろ骨格が全てと言っても過言ではないと思います

足の速い人の骨格がありますし、速い球を投げる為の骨格がありますし

速く泳ぐ為の骨格もありますし、柔道が強い骨格もあります

なんかそうなると、全てが元も子もなく、骨格が良くなかったら諦めろと言うんですか

と言われそうですが

そんな事はないと思います

なぜなら


【骨格は改善出来るから】


です。

骨格は変える事が出来ます

生まれもった才能と思われがちですが、いや殆どの人がそう思っていると思います

そんなの嘘っぱちだろ、適当な事言うなと思われると思います


しかし私は殆どの人が信じもしない

【骨格改善】

をする事によって、パフォーマンスを上げてきました

そしてこれからそうしていきます

なぜなら、それが競技能力を後天的に向上させる


【最短最速かつ最も向上性のある方法】


だからです


====================


練習をしこたま行い、競技方法をめちゃめちゃ効率的に改善すると


【 自分史上最高】


にはなれると思います

しかし、自分よりも骨格が優れた選手が『自分史上最高』を手に入れていたらどうでしょう

永久にその選手を超える事は出来ないと思います

つまり

【個体差を埋める事は出来ないのです】


個体差を埋める事が出来る

【唯一の方法】

【骨格改善】

だと私は思います


「そんな事出来るわけない」と思う方もたくさんいると思います

今までもそうでした、おそらくこれからもそうでしょう

しかし、それでも信じて私の指導を受けに来てくれた方の競技パフォーマンスは

確実に向上しています


冒頭でも言いましたが、もう一度聞かせて頂きます


【あなたの今の体(骨格)で、練習をひたすら行ったら、あなたの行なっている競技のトップになれますか?】


コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野