大谷翔平選手の球速の正体とは

==========

球速を上げたい方へ

==========

すんごい当たり前の事なんですけど

ボールは『物』です

ですからひとりでに動き出す事はありません

当たり前ですね


ですからボールに何らかの『力』を加えない限り

ボールがピッチャーからキャッチャーに飛んで行く事は

ありません


ではその力はどこから生み出されるかというと

『自分の体』と『空気』

です。

空気から貰える力に関してはまたの機会にでもお話をしたいと思います

今回は『自分の体』から貰える力についてのお話をしたいと思います


ではその『自分の体』で生み出す力も

何で生み出すといいのか?いつ生み出すといいのか?

という項目が出て来ます

何で生み出すといいのかというのは

【重心】

いつ生み出すといいのかというのは

【右足から左足へ移動する時】

であると思います

右足から左足へ移動する際に重心を、並進させるのか、回旋させるのか、落下させるのかは

ありますが、右足から左足への移動の時というのは共通です


ではその【重心を右足から左足へ移動する時に】生み出した力を

ゴールである左足に乗る時に


【最高加速を伴いながら左足に乗る】


事が出来ているでしょうか?

多くの方が最高加速を伴わずに左足へ乗ってしまうので

左足が運動連鎖のブレーキとして働くのではなく

ただ単に全身の重心移動のブレーキになってしまっている事があります


最高加速を伴いながらブレーキがかけれると

必ず何かが飛び出して行くという動作が起こります

大谷翔平選手は体の中の○○という部分が飛んで行くという

とんでもない事が起こっています

これが彼の球速の正体だと思います

というか球速はこれが全てなのではないでしょうか

常々ボールを押す距離が大事だということをお伝えしていると思いますが

これが出来ていないとそもそも押せないと思います

球速はこれが全てを決めるのではないでしょうか


【○○が飛んで行く】


これが出来ていないと

ボールを長く押すことも

ボールの回転数を上げることも

サポートポイントを重量化することも

運動連鎖によって加速させることも

出来なくなってしまうと思います


【○○が飛んで行く】


これが全てなのではないでしょうか


コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野