WBCで日本が勝つためには

===================
バッティングのレベルを上げるためには
===================
野球のWBCがアメリカの優勝で幕を閉じました
日本も準決勝でアメリカに敗れましたが
開催前の下馬評からすれば健闘だったのではないでしょうか

WBCを見ていて感じる事があります
それは何かというと
アメリカやプエルトリコのピッチャーやバッターは

【小さいモーションで最大限の力を出してくる】

という事です
日本ではよく
『全身を大きく使って』というような表現でスポーツのパフォーマンスを向上させるイメージを持っています
ピッチャーも全身を大きく使って投げますし
バッティングも全身を大きく使ってスイングします
一見良さそうに見えるのですが
アメリカのピッチャーの小さいモーションで150キロ後半の球を投げられてしまうと
悪い意味でバッティングモーションが大きすぎて全くタイミングが合っていませんでした

大きいモーションで投げてくるピッチャーに対して
大きいモーションで打ち返す事は出来るのですが
小さいモーションで、大きいモーションのピッチャーと同じ球速を投げられてしまうと
ちょっと手も足も出ない感じでした

私は野球の指導をする際に用いる言葉があります、それは
【バントでホームラン】
という言葉です。現実問題無理なのですが、ニュアンスが伝わればいいと思っています
どういうことかと言うと
【最小限のフォームで最大限の出力発揮】
ということです

めちゃめちゃ大きいモーションのフルスイングでホームランもいいのですが
バッティングは置いてあるボールを打つという競技ではありません
相手ピッチャーが投げてくるボールを打ち返す競技です
なので、バットとボールを当てる精度というものが必要となります
当然『当てる』という観点からすれば、モーションが小さい方が当てやすくなります
しかし、そのフォームで最大限の力を発揮しなければならないのは至難の問題です

それを解決するのは何かと言うと
【体の重心の位置】
だと私は思います
重心がいい位置にあれば、重心を動かすだけで大きなエネルギーが発生します
それにより、ピッチングの動きもバッティングの動きも最小限のモーションで済むようになります
アメリカやプエルトリコの選手は日本の選手に比べ重心が高い位置にありました
それがモーションの大きさの違いを生み出していると私は感じました

日本のプロ野球の中で戦うには大きいモーションでも良いのかもしれませんが
国際大会などで勝とうと思ったら、小さいモーションで最大限の力発揮が出来る骨格を
手に入れていかないと、今後は厳しいのではないでしょうか


コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野