足を速くするには

=========
二兎追うものは〇〇
=========
『二兎追うものは一兎も得ず』
昔からよく言われることわざです
二匹の兎を同時に追うと、結局二匹ともに逃げられ、一匹も捕まえる事が出来ない
だから、しっかり一つの事に集中して行なっていきましょう
というような、意味が込められています

しかし、こんな解釈なんてどうでしょうか?

【二兎追うものは、二兎を得るチャンスがある】

一兎を追っていて、二兎を得ることはかなりな偶然です
二兎を追うからこそ、二兎を得る可能性があるのです

スポーツは、当然ですが、一位を目指す物事です
世界陸上などでよく『60億分の1』というような事を言われてますが
まさにその通り、オンリーワン中のオンリーワンなのです

多くの被験者を集め、エビデンスを取った情報
一見、正当性があるように聞こえますが
オンリーワンからどんどんかけ離れていく情報
と感じてしまうのは私だけでしょうか

足の速さの構成要素として
『ピッチ』と『ストライド』
というものがあります
ピッチを上げていく練習をするのか、ストライドを伸ばしていく練習をするのか
非常に迷う所ではあると思いますが

【ピッチもストライドも両方伸ばしていく】

という考えを持ってみてはどうでしょうか?
まさに二兎を追いまくっている状態ですね
「そんなの無理でしょ」と聞こえて来そうですが
無理だと思う事が出来るのが、60億分の1の人なのではないでしょうか
そんな選手になってみたくはないですか?






コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野