野球のパフォーマンスアップ

==================
野球のパフォーマンスをあげたい方へ
==================
トップアスリートクリエイターの鈴木です

野球の指導をしていると、本当に日本の野球の指導の現場が
グチャグチャになっているんだなぁ
と実感させられてしまいます

『体を開くな』
『グリップから持ってこい』

あなたはこの指導どう思いますか?
正しいと思いますか?間違っていると思いますか?

私は

【正しくもあり、間違ってもいる】

と思います
どういう事かというと、ある人には正しい指導ですけど、またある人には間違った指導
になってしまうという事です

ではその2人を分ける違いは何かと言うと

【使っているエネルギー】

というものの違いによって、正しくもなるし、間違いにもなるという事です

ボールなりバットなりを動かさなければなりませんから、必ずエネルギーという物を
発生させて伝えない限り、ボールやバットは動きません
当たり前ですよね、ボールが勝手に動き出したら怖いですよね^^

その使うエネルギーの種類によって、体を開くなという指導が正しく
パフォーマンスをあげるのに有効になったり
逆に体を開くなという指導を受けた事により
パフォーマンスを下げてしまう結果にもなりうるという事です

何のエネルギーを使っているのかを認識しないまま
『体を開くな』『グリップから持ってこい』
というようなことをしている選手が多いです
というかほとんどです

自分がどんなエネルギーを使っているのか
自分にはどんなエネルギーが合っているのか
エネルギー別でどのような打ち方の違いがあるのか
それを知りたければ、1度私の所に来て下さい
損はさせませんよ^^


コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野