投げるパフォーマンスをあげるには

トップアスリートクリエイターの鈴木です

多くの指導者・選手が
投げるということを難しく複雑に考えすぎている傾向があります
もう少し言えば、パフォーマンスを上げることに関係のない事に
尽力をしていると言ってもいいかもしれません

大きく言えば、2つの事を考えるだけで
投げるというパフォーマンスは、非常に良くなっていきます
その2つと言うのは

【大きなエネルギーを作り出すこと】
【作り出した大きなエネルギーを効率的に目標物に伝えること】

この2つだけです
それ以外にあります?

色々な指導項目があります
腕の振りを速くするだとか、体の使い方をよくするだとか、下半身の使い方を工夫するとか
リズムを改善するとか、体幹を鍛えるとか、回転数を上げるとか、あげればキリがないです

でもこれって全部上記2つの項目に含まれるんですよね
もっとシンプルに捉えれないと、パフォーマンスは上がらないですよ
難しいなぁ〜って思っていながら、全力のフルパワーでプレイ出来ますか?
出来ないですよね
シンプルなものだからこそ、全力で行えるのです
一回プレイをシンプルにする事に尽力してみてはいかがですか?

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野