パフォーマンスを上げるには

トップアスリートクリエイターの鈴木です

毛利元就の『三本の矢』と言う話はご存知でしょうか?
毛利元就は3人の息子たちにそれぞれに矢を持たせ
1本では折れてしまうが3本そろうとなかなか折ることが出来ない
なので、力を合わせて生きていきなさい
ということを伝えました

何事もそうですけども1つの力よりも、いくつもの力が集まった方が
大きな仕事を成すことができます

それは投げる時にも同じことが言えます

【ベクトルがすべての身体パーツで揃っているかどうか】

というところがポイントになります
手は上に、体はまっすぐ、足は下
というように、それぞれの身体パーツがバラバラの方向を向いていては
当然ですが大きな力を生み出すことが出来ません
手も体も足も全部が同じベクトル思っているからこそ
大きな力を発揮することができます

移動方向と投げる方向が合っているかどうか
まずはここから始めるといいのではないでしょうか?

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野