カウンターをうまく利用する

==============
カウンターの力はやっぱり強い
==============

ボクシングなどでKOのシーンなどでよく見かける

【カウンターパンチ】

相手が倒そうとして体重を乗せて打ってきた所を
タイミングよく自分がパンチを返し
相手の力も使うことにより、一撃KOなどが起こる
ボクシングの中でも非常にワクワクするパンチです

この【カウンター】という感覚をボクシング以外でも
使う事が出来るのです

それが
『野球のバッティングやテニスのストロークなど』
です

野球のバッティングなどはイメージが付きやすいと思います
ピッチャーの球が速い程、そんなに力を使わずにも
カウンターのイメージできちんと捉えると飛距離を出す事が出来ます

テニスのストロークも同じ事が言えます
一見ボールのスピードが遅くなってから叩いた方がしっかりと打てそうですが
このカウンターのイメージが無いと軌道が安定しなくなってしまいます
相手からボールが飛んで来たということは、少なくともその球は
ネットに引っかからずにこっちに飛んで来てるわけですから
飛んで来た軌道上にカウンターを起こせば
ボールは必ず相手に変えるのです

カウンターの利用すべきエッセンスとして
【ベクトルがそろっている程、力が増す】
という点があります
これを利用しないのは勿体無いですよね

『カウンター』
非常に有効な力の使い方だと思います
利用してみて下さいね


コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野