道は開けているか?

トップアスリートクリエイターの鈴木です
 
人生もそうですが、自分が進もうとしている道が開けていないと
なかなか人は辛いです
それでも自分で道を開いてやる!っていうくらいのやる気がある方はいいですけど
実際はなかなかに大変です
道は開けているにこしたことは無いです
 
実はこれ、投げる事も一緒です
右利きの場合、右手に投げる物を持ちます、そしてそれを投げます
当たり前です
ではその時、右手なり、右腕なり、右上半身なり、目標に向かって飛んでいく物が
【通る道は開けてますか?】
通る道が開けているからこそ、目標に向かって飛んでいくことが出来ます
その通り道に邪魔な物がいれば、当然ですが迂回をしないといけません
その分、道は逸れ、きちんと目標に向かって力を伝えることができなくなってしまいます
では通り道に出てくる邪魔な物とは一体なんでしょう?
それは
【自分の体】
です。
左手なり、左腕なり、左上半身なり、自分で自分の通る道を邪魔してしまうのです
『自分で自分の首を絞める』『自分で自分の道を閉ざす』
なんとも切ないですね、、、
通る道を作る、というイメージで投動作を出来ると
パフォーマンスは向上しますよ

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野