バットがちゃんとフェアグランド向いてる?

トップアスリートクリエイターの鈴木です
野球の新規のクライアントさんがこんな悩みを持っていました

『打率が悪く、なかなかボールが前に飛びません
ファールグランドにボールが飛んでいってしまい
なかなかフェアグラウンドのほうに飛んでいかないんです』

という悩みでした。
ボールとバットというのは人ではないので意思は持っていません、当たり前です。
なのでボールがファールグランドに飛んでいくという事は
非常に単純に

【バットがファールグランドに向いているからそちらに飛んでいくのです】

もちろん当たり方などありますけれども
ピッチャーとキャッチャーを結んだ線に対し直角にバットが置かれていて
いわゆるミート、まっすぐにボールに当たれば
当たり前ですけどボールがまっすぐ飛んでいきます
まっすぐ当たったのにボールが曲がって飛んでいくと言う事は普通ありえないですね。
なのでファールグランドにどうしても飛んでいって
フェアグランドになかなか飛ばないんですという方は
バットがきちんとフェアグラウンドを向いているかどうかというところが
1つのポイントになります。

日本ではよく、バットのヘッドではなくバットの根本、グリップを先導して持ってきて
バットスイングをするというような指導を行います。
しかしバットグリップのところがヘッドに対して先導するような形になれば
当然ですが、右バッターの場合バットはいつまで経っても1塁側を向くことになります。

これ、いつになったらバットがフェアグラウンドを向いてくれるのでしょう?

グリップがずっと先頭にいてはいけないのです
いつかはバットヘッドが追い越さないといけないのです。
ヘッドがグリップを追い越すから初めてバットはフェアグランドを向いてくれるのです。
ではバットヘッドがグリップを追い越す方法は??
バットヘッドがグリップを追い越すタイミングは??

それは指導を受けて感じて下さい
文章で伝えるのは無理です^^