コービーブライアント やっぱり凄い!

==================
コンタクトポイントとサポートポイント
==================
トップアスリートクリエイターの鈴木です。

NBAのスーパースター
『コービーブライアント選手』
が昨シーズンで引退をしました。

中学高校とバスケ部だった私にとって
コービー選手の引退は寂しい限りです。

彼は生粋の点取り屋で1試合81得点という
とてつもない記録を持っています。
一言で言えば『かっちょいい!!』
まさにそんな選手です。

私が考える彼の凄いところは

【コンタクトポイントとサポートポイント】

この関係が抜群に良い所だと思います。
コンタクトポイントというのは、バスケでいうとボールとの接点
つまり手のひらの事。
サポートポイントというのは、それを支えている場所がどこかという事。

コービー選手はそれが抜群に良いと思います。
簡単に言うと
【ボールの持ち方めっちゃいい!!】
って事ですね。

シュートの精度はボールの持ち方で決まると私は思ってます
特にプレイが激しければ激しい程
コービー選手はあれだけ激しいプレッシャーを受けながら
サポートポイントが全然ブレないので
ここっ!て時に決めてくれます。

多くの選手はコンタクトポイントとサポートポイントを一緒にしてしまっている事により
シュートの精度を欠く結果になってしまっている人がほとんどです。
サポートポイント、めっちゃ大事ですよ。
先日指導したバスケの選手もサポートポイントを変えたら
めちゃめちゃシュートが入るようになりましたよ。

サポートポイント、めっちゃ大事ですよ。
2回言っちゃいました^^


コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野