歯をくいしばると、パフォーマンスは落ちる?

============
歯をくいしばって頑張る?
============
『歯をくいしばってでも必死についていく』
なんか言葉だけ聞くと、一見一生懸命頑張っている選手を想像でき
ちょっといい印象さえ持ってしまいます
日本人は頑張っている選手の姿を見るのが大好きですからね。

が、その状態で練習を続けていたら
競技能力は
【落ちていく】
と私は思います。

神経的な側面やら、抑制的な側面など
色々な面であまりプラスには働かない
と思います(機会があればそのお話もしたいと思います)

その中でも今回は
【顎】
という側面から、競技能力が落ちてしまうというお話をしたいと思います。

歯をくいしばるという事は体の観点から言えば
『下顎と上顎がぐっとくっついている』
『下顎がリラックスした状態より上方向にいる』
と言えます。

下顎が上へ上へと力が向いてしまえば
頭・体は後転し始めます(鼻が上へおでこも上へ後頭部は下へ背骨は下へという感じです)
後転すれば、当然ですが前へ力を加える事が難しくなっていきます。
歯を食いしばればくいしばる程、前に力を出しずらい体になっていってしまうのです。

世界の一流選手で歯を食いしばって、必死にやってる選手っていないですよね
どこか余裕をもってプレイをしてますよね
顎をリラックスさせる程、体は前転方向に向き、前へ力を発揮しやすくなるのです。

顎をリラックスさせてプレイが出来るように選手は練習してみて下さい。
指導者の方は、選手の顎がリラックス出来るような調整をしてあげて下さい。

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野