イメージの力

運動指導における

【イメージ】

というものを最近特に大事だと考えています
どういう事かというと
何の競技もそうですが、必ず運動をする時には

『パフォーマンスを上げる源』

というものが必要です
ジョギングをしている、ちょっとスピードを上げる、全力で走る
この3つは当然ですが、スピードが違います
ではそのスピードの違いを『何』で作り出しているのか?
そこが大事なのです

腕をしっかり振るイメージにするとスピードが出る
体を持ち上げるようなイメージを持つとスピードが出る
足を大きく動かすイメージを持つとスピードが出る

様々なイメージを皆さん持っています
そのイメージをどんどん強調する事によってパフォーマンスは向上します
ここでトレーナーがする事は2つ

【イメージの修正】
【イメージを具現化出来る体作り】

選手が持っているイメージそのものが、あまりいい物でない場合というのがあります
そういった場合はそのイメージを修正していい方向へ導いて上げる必要があります
そしてもう1つ、具現化出来る体作りです
腕をしっかり振るイメージを持っていても、そもそもしっかり振れる体でなかったら
これはイメージを具現化出来ません
体を持ち上げようとしても肋骨や背骨の角度が悪ければ、持ち上げられません
そういった体から来る問題を取り除いて上げる事により、イメージを強調する事が
出来るようになっていくのです

一見抽象的でざっくりした感じのある「イメージ」という概念ですが
そこを突き詰める事が、パフォーマンスアップに繋がることだと思いますよ

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野