プラスα?マイナスα?


=================
プラスαがマイナスαになりかねない?
=================
突然ですが

『ボブスレー』

という競技をご存知でしょうか?
写真であるように、丸い流線型の乗り物に乗って、タイムを競う種目です
スタートしてから暫くは、選手が乗り物を押しながらダッシュをします
このスピード如何によって、その後のスピードが決まってしまうので
ダッシュのスピードがとても大事です

スピードが大事ってんなら、乗ってから手などでバンクなどを押して
さらに加速させる、プラスαをした方がいいんじゃないの?
と思う方もいるかもしれませんね

さあ、その行為は本当にプラスαとして、優位に働くのでしょうか?

残念ながら、その行為はスピードを減速させてしまう
「マイナスα」
になってしまう行為です

さらに力をプラスしようとして行なったのに、それが逆に減速させてしまうという
マイナスに働いてしまうとは、なんとも切ないですね

バンクなどを押して、さらに加速させるという行為を行う時に
「手とバンクとの摩擦で減速」
「進行方向に向かって取れているバランスを、違う方向へ向けてしまい減速」
などの要素で減速してしまうのです

これは他の競技でも同じようなことが言えます
例えば野球のピッチング
足を振り上げ、重心移動、足を接地して、キャッチャーに向かって力を
という投動作があると思います
ではその後に「スナップを利かせる」などをすることは
プラスαになると思いますか?

おそらくマイナスαになってしまうでしょうね
勝負はキャッチャーに向かって力を加える所で決まってしまいます
そこをしっかりと練習するだけでもパフォーマンスは上がりますよ

出来るだけマイナスαを作り出さないように
スポーツが見れる•出来るようになれるといいですね

=======================

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野