骨格の特異性

=======
骨格の特異性
=======
最近わけあって、競泳を研究しています

 

 

研究していて思うことは

 

【やはり競技によって、最適な骨格は違う】

 

ということです

 

陸上競技における
【速く進む為の骨格】

競泳における
【速く進む為の骨格】

 

同じ速く進む為なんですけど、求められる物が全然違います

そりゃ進む方向が違うからね、とツッコミを受けそうですが
まさにその通りです
進む方向が違うんです

 

では、その事をどこまで深く理解出来ていますか?

 

進む方向が違うと分かっていながら
陸上選手と同じ体幹のトレーニングをするんですか?
陸上選手と同じ筋トレをするんですか?
そんなわけないですよね

 

私はどの観点で競泳•進む方向を見ているかというと

 

【重心の位置と背骨の形】

 

という観点です

 

その観点で見ると、色々な事が分かってきます
重心の位置も全然違うし、背骨の形も全然違うしと
明らかに、陸上選手とは違う骨格が求められるのが分かります
この概念•見方を習得出来ると
様々なスポーツを指導出来るようになりますよ

 

ちなみにヒントとして

競泳選手の後弯のトップと陸上選手の後弯のトップは

明らかに場所が違います

ちょっとヒントでした

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野