160km/hの秘密とは

トップアスリートクリエーターの鈴木です。

バンバン記録を更新中
こう書けば誰のことか、わかりますかね。
そう、日本ハムファイターズの大谷翔平選手です。

大谷選手は日本球界最速をどんどん更新してます。
今は163kmですが、もしかしたらこれを書いてるころにはさらに記録が更新しているかもしれませんね。

私は常々、球速を上げるためには
「ボールを押している時間を長くするとよい」
ということをお伝えして来ました。
(始めて聞いた方は、へぇと思ってください)

なので
体に対して出来るだけ後ろから押し始めて
体に対して出来るだけ前まで押すことが出来れば
球速は上がるのです。

彼はこの「キョリ」を骨盤で作り出すことが出来る選手だと
私は思います。
単純に手を後ろにもって来て後ろの距離を稼ぐのではなく
加速し始めからリリースに至るまで
ずっと骨盤が動くことが出来る分の
骨盤の柔らかさがあると思います。

大抵の投手はリリースが行われる時に仙骨(骨盤の中央の骨)が少し右に向いてます(右投げの投手として)
150kmを超えてくるような選手は仙骨がまっすぐキャッチャー方向を向いています。
しかし大谷選手はリリースの時に仙骨が少し左を向いた状態まで
骨盤を動かすことが出来るのです。
(写真はフィニッシュですが、リリース時にです)

これやってみると分かるんですけど、そんなとこまで行きません。
まあ、行ってれば160km投げて、プロの選手になってますけどね^^

つまり大抵の選手よりも何十度か骨盤が動ける範囲が大きいということです。
もう少し言えば、その何十度か動いている間、ボールを押し続けることが出来るのです。そりゃ速いですよ。

そんな骨盤を作り上げて
あなたも大谷翔平選手が体感している世界を
実感してみてくださいね。

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野