あなたにSTAの一部をプレゼント

==========================
競技パフォーマンスの上げ方を知りたいと思っている方へ
==========================
今日、STAの塾生の方に
「野球の球速20km/hくらいあげるのは余裕になってきました」
という力強い話をしてもらった

嬉しい!単純に嬉しい!
私が競技者のパフォーマンスを向上させても
「鈴木さんだから出来るんでしょ」
そう言われてきました

しかし、塾生の方がパフォーマンスを上げることが出来るように
なったということは、私のやり方は間違ってなかったんだと
確信を持つことが出来ました

同時に
「再現性の高い指導方法」
であることも証明出来た気がしました

そんな嬉しくてテンションが上がっている私ですので
今日はSTAのコンテンツの一部をスクリプトで
皆さんにご紹介したいと思います。
特別プレゼントです。
あんまり出し過ぎると、塾生の皆さんに怒られちゃいますからね^^

STAのコンテンツから
⚫️非直線のスピードアップ⚫️


非直線のスピードアップということですが、ただ単に直線というと、それはイコール、

『スプリント能力』

の事をさします。
しかし、非直線となると、イコール、スプリント能力という訳ではないのです。
確かにスプリント能力があるに越したことは無いのですが、それだけではダメなのです。

非直線のスピードが必要になるスポーツというと、サッカー、バスケ、テニス、ラグビーなどなど、様々なスポーツがあると思います。
これらのスポーツはずっと直線を走るだけのスポーツではないですよね。

では直線運動ではないスピードというのは何が決め手になると思いますか?


まず思いつくのが、直線ではないということを考えると出てくる要素として、

『方向転換』

というのがあります。
直線運動であれば方向を変える必要がないので、方向転換ということをしなくていいのですが、非直線の運動となると、必ずと言っていいほど、方向を変える場面が出てきます。

この方向転換の時にスピードをロスしてしまえば、プレイスピードというのは落ちてしまいます。

ではどうしたら方向転換時にスピードをロスすることなく
移動することが出来るかということですが、それは、、


『エネルギーを次の方向へ向かわせる為に
方向転換時にエネルギーバランスを取る』


ということです。
ん〜非常にわけのわからん表現になりましたね。


もう少し具体的に説明していきましょう。

例えば右に走っていて、相手選手が左に移動したので、自分も左に移動しようとする際の説明をしてみます。

右に移動をしているので、エネルギーの向かう方向は右です。
そして相手に合わせて左に移動をするのですが、エネルギーはベクトル(方向)をもったものなので、右に向かって発生しているものはそのまま右に向かいます。

そのエネルギーを足でしっかり踏ん張って吸収して
ゼロにしてもう一度左側に向かってエネルギーを作り出す
ということをしてもいいのですが、これは明らかにロスです。

ではどういった方法がいいかと言うと
切り返しをする時に

「右に発生しているエネルギーの方向を分散して分けてあげる」

ということを行います。
このことにより、エネルギーロスを無くし、左にスムーズに移動をすることを可能にするのです。

どういうことかと言うと
「エネルギーを吸収してゼロにする」
のではなく
「新たな別のエネルギーに変換させてあげる」
のです。

この場合
右回りの回旋エネルギーと左回りの回旋エネルギーに変換してあげるのです。
足で右回りのエネルギーを作り出したら、腕を引くことにより、逆方向のエネルギーを作ってあげることにより、エネルギーバランスを保つのです。


文章にするとよくわからないかもしれませんね^^
これは実際に動いてもらうのが1番わかると思います。

走ってきて腕と足を反対方向に動かすことによってエネルギーバランスを保ち方向転換をする。文章にすると簡単なんですけどね。
是非試してみてください。方向転換のスピードが変わってきます。

STAではこの事は動画で説明をしているので、よくわかると思います。



コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野