バッティングの考え方

トップアスリートクリエーターの鈴木です。

バッティングの質問を頂いたので
お答えしたいと思います。

「色々なスイング理論がありますが、どうやって振った方がいいのですか?」

多いですねこういった考えの方
どうやって振った方がいいですか?と聞かれたら
非常にシンプルに私は答えます

『ボールが飛ぶように振って下さい』

と。ふざけてんのか?と思われるかもしれませんね。
ふざけているわけではありません、いたって大真面目です。

野球のバッティングというのは大変難しいです。
150キロもの速いボールが来るのか、120キロのカーブが来るのか
インハイに来るのか、アウトコースに逃げていくのか
それが決まっていなくて、その場で反応をしないといけない競技なわけです。

その、言ってしまえば、わけのわからないボールを打たないといけないわけですから、決まった形のスイングをしてちゃんと当たるのかな?というのが私の最初に思う疑問です。

「レベルに振りましょう」
「上から叩きましょう」

色々な打ち方の言われ方がありますが
縦の変化球もレベルで打つんですかね?
高めの球も上から叩くんですかね?

不思議でしょうがないです。

じゃあバッティングで何を教えるんだと思われるかもしれませんね。
企業秘密的な内容ですが、まあ今回は特別にお話したいと思います。

『ボールとバットの当たり方』
『パワー発動時のバットの位置』

この二つだけです。
あっっっったり前の話ですが、バッティングは何をする競技かと言われたら

『ボールを飛ばす競技』

です。
バットを振る競技ではありません。このニュアンスわかりますかね?
バットを振ってボールを飛ばす競技なんです。バットを振る競技ではないんです。
ちょっとビミョーなニュアンスですがこれがわかると、全然バッティングがかわります。

ボールが主役で、バットは脇役
ボールがどのように飛んでいくかは、バットとどのような接点を持つかです。
その接点を改善していくことが最重要だと私は思います。

もう一つは
バットにどのような力を加えていくかが大事なので、打ちにいくぞという時のバットの位置を改善していきます。力が発揮しやすく、かつ、どの球にも打ちに行くことが出来る場所にバットを置いておけば、当然打ちやすくなります。

どのようにスイングするかは、ほぼほぼというか、まったく指導はしないですね。
動いている最中の動作の指導をしたら
その動作は100%と言っていいほど、スピードはダウンしますよ。

こんな感じで今回は質問の返答にしたいと思います。
質問を頂きありがとうございました。

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野