そもそも何をするの?

トップアスリートクリエーターの鈴木です。

この前、野球のトレーニングを紹介した動画を
いくつか見ました。

体重移動の練習方法や
スローイングの際の体の回し方
など、色々なトレーニングをされていました。

しかし

確かに『体重は移動』しているのですが
『バットに全くその力が伝わっていない』
のです。

確かに『体はしっかり回っている』のですが
『体を回した力によって腕が加速して振られていない』
のです。

これは多くの指導者、アスリートが陥りやすいことですが
いわゆる「練習のための練習」
ってやつですね。
『そもそも体重を移動することが目的??』
『そもそも体を回すことが目的??』

違いますよね

あくまでも
『バットをしっかり振る』ことが目的ですし
『ボールを速く投げる』ことが目的のはずです。

私はよく『そもそも論』
ということをよく言います。
このそもそも論を間違ってしまうと
体重移動は出来てもボールは飛ばないとか
体はしっかり回っているのに球速が遅い
なんてことが起こってきてしまうのです。

皆さんもしっかり『そもそも論』
を確認して見て下さいね。



コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野