小手先で打つのは仕方ない?

アスリートコーチの鈴木です。

『手打ち、小手先になってしまって、体全部が使えない』

よくスポーツの現場で聞かれるフレーズですね。
「手打ちになってるぞ!体全体で打て!」
「腕に力が入ってるから手打ちになるんだ、力を抜け!」

など、色々な指導が飛び交っています。
が、この指導を続けていって選手が体を使ってプレーすることが出来るようになるかと言われると、おそらく厳しいと私は思います。

手の力を抜いたからって、手打ちじゃなくなるわけではないです。


これはスポーツをする上で、もしくは指導する上でとても大事なことなので、是非覚えておいて欲しい事ですが、手打ちになってしまっているのは、、


『そうせざるを得ない状況になっている』


からなんです。
人間の体というのは、そうせざるを得ない状況というのがかなり多く存在します。
バランスを崩しそうになっているから、手をそこに置かざるを得ない事であったり
体重が変なところに乗っているから、足が歪まざるを得ないことになっている
というような事です。


何か自分のしたい事が出来ない時というのは、それが出来ない状況になってしまっているだけで、自分の運動神経が悪いとか、筋力が足りないとか、そういうことではないことが多いです。


ちょっと難しいニュアンスだと思いますけど、そういう観点で運動を見て行くと、だんだんわかってくると思います。そしてそれが理解できるようになると、スポーツのパフォーマンスというのは、飛躍的にアップしていきます。


手でバランスを取ることなく、体でバランスをとる事が出来るように仕向けてあげる。というのが出来ないと、ずっと手打ちは改善されないと思いますよ。