努力は裏切らない??

アスリートコーチの鈴木です。

スポーツ界でよく言われる言葉です

『努力は裏切らない』
『練習は裏切らない』

この言葉を信じさせることによって
練習にしっかり打ち込ませる為の常套句だと思われます。

確かに努力は必要です。
それは間違いないと思いますが

気をつけなければいけないことは、、、

『間違った努力は、裏切る』

ということです。

足を速くする為に
「腿上げの練習をしっかり行う」
ピッチングの球速を上げる為に
「腕の力を抜いて、腕を速く振る練習を行う」

一見まっとうな練習のように見えますが
腿上げした時、骨盤が後傾して、体重が後ろに残っているのに行い続ける
腕の力を抜きすぎて、ボールに腕の力が伝わってないのに投げ続ける
こんなこと、起こっていませんか?

ただがむしゃらに腿上げしても前進みませんよ。
ロンブーの◯さんみたいに、モモ神なんて言われちゃいますよ^^
腕の力を抜いて腕をしっかり振って、その力がボールに伝わらないと、ケガしちゃいますよ。

間違った努力は簡単に裏切りますよ。
腿上げは、ピッチが落ちない範囲で最大限上げるべきですし
腕の力もボールに腕の力が伝わる範囲内で抜くべきです

何でもかんでもやりゃいいってもんでもないですから
『間違ってない適切な練習を、努力を伴いながら行う』
ちょっと長いですが、これが大事なのではないでしょうか。

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野