◯◯理論って??

アスリートコーチの鈴木です。

世の中には色々な

『◯◯理論』

と呼ばれるものがあります。
野球の世界でもゴルフの世界でも、なんの競技でも
◯◯理論と呼ばれるものがあります。

よく私も
『鈴木理論ですね』
と言われることがありますが、私は自分が教えていることが
鈴木理論だとは思っていません。

なぜなら

『全員教えていることが違うから』

選手がいれば、選手の数だけ教える事が違います。
当然ですよね、同じ選手なんているわけないですから。

それをひとくくりで
◯◯理論と言えてしまうことが、不思議でしょうがないんです。
◯◯理論で成果がでない人が出てきたらどうするんだろ?
っていつも思います。
おそらく「そんな人は無視」なんでしょうかね。それでも無理やりにでも◯◯理論を教え続けるんでしょうかね?
不思議でしょうがないです。

選手を強くする為に指導しているのか、自分の理論が言いたい・世に広めたいだけで指導しているのか
よくわからなくなりますよね。
完全に自分のことしか考えてないのではないかと思ってしまいます。

じゃあお前は何を教えているんだ?と言われるかもしれませんが
私は『運動の原理原則を教えているだけです』
物を持ち上げ、手を話したら、物は落ちますよね。
そういうのが、原理原則です。

絶対に外せないことだけしか教えてないんです。
原理原則から外れたことをしようとするから、◯◯理論に合う人と合わない人が出てきてしまうのです。
選手の人ももう少し柔軟性をもってもいいと思いますよ。
かの有名な◯◯理論で成果が出なかった自分にセンスがないっ、てな感じで思うのではなく
自分に合わなかっただけだ、んじゃ他のやろ〜ってな感じで、柔軟に考えた方がいいと思いますよ。

世の中がどういう方向に行くのかはわかりませんが
私は鈴木理論は構築することはないと思いますよ^^

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野