年齢は関係ない??

アスリートコーチの鈴木です。


もう若くないし、パフォーマンスアップは無理だろうな


そんな事を思われている方も多いと思います。


一般的に、筋力のピークというのは、20台前半と言われています。そして体力のピークは20台後半と言われています。なので、20歳くらいで、その競技の芽が出ていないと、もうこれ以上は無理だろうなと諦めてしまう方がとても多いです。


しかも昨今の英才教育の流行り、いかに小さい頃からその競技をさせるか、という考えにより、ますます年齢というファクターは重要に見られるようになっています。


しかし、本当にそうなのでしょうか?


色々なスポーツで一流と言われている選手の中で、20歳くらいで芽が出ていなかったが、その後大活躍をする選手は結構います。


しかも40歳を越えても一線で活躍している選手もいます。

この選手たちはなぜ活躍することが出来るのでしょう?


それは、、、


『運動のシステムが違う』


ということです。

冒頭で言いました、筋力のピークは20台前半だと。そうなんです、筋力で勝負しようと思ったら、やはり若さというのは大事な要素なんですが、動きを筋力で行うのでは無く、エネルギーを使うことによって出来るようにすれば、年齢は運動の良し悪しに関係する要素では無くなるのです。


運動に関するエネルギーは3種類あります。


『並進エネルギー、位置エネルギー、回旋エネルギー』


の3つです。

これらを発生させたり、大きくさせたりするのに、筋力の大小は関係ありません

体重であったり、重心の移動スピードであったりが要素になって来るので、年齢に関係なくなるわけです。


私のクライアントでも20歳を過ぎてから、今まで全くやったことない競技を始め、世界を目指して戦っている選手がいます。当然の事ながら、筋トレはさせていません。

何故なら、筋力で動作をするクセが付いてしまうのを防ぐためです。


年齢は関係ありません。私自身も30歳を越えましたが、今が人生で1番足が速いです、そしてこれからもさらに速くなると思っています。

年齢という壁にぶち当たっているなら、是非ご相談下さい。

何らかのアドバイスは出来ると思いますよ。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Evan Hafer (木曜日, 02 2月 2017 03:50)


    Awesome post.

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野