筋トレしてもパワーが付かない??

アスリートコーチの鈴木です。
 
現在のスポーツ界では、ほとんどの方がウエイトトレーニングを導入し、パワーアップをしようと取り組んでいます。スクワットやベンチプレス、クイックリフトなど、様々なトレーニング種目を行っていると思います。 
  
しかし、実際に競技の時になると、トレーニングしてパワーアップをしたはずなのに、あまりパワーが上がった気がしない、何てことありませんか? 

「俺のあの努力は何だったのか?」

何てことを思ったり、真面目な人だと、

「あぁ練習量が足りなかったんだな」

何て、自分を責める方もいるかもしれません。

そんなに自分を責める必要はないと思います。

なぜなら、運動中のパワー発揮と、ウエイトトレーニングでのパワー発揮は種類の違うものだからです。 
 
どういうことかと言うと、運動中は重心を動かしながら力を発揮するのに対して、ウエイトトレーニングでは重心を固定して力を発揮する、という違いがあるのです。

例えば野球のピッチャーが、マウンドから勢い良くおりてきて、一回止まってそこから投げるという事をしますか?
しませんよね、マウンドをおりてきて、そのおりてきた勢いを利用してボールを投げますよね。前述したのがウエイトトレーニング、後述したのが実際の運動ということなんです。

実際の運動というのはウエイトトレーニングでつけた筋力を利用して運動を行うのではなく、重心の移動によって生じたエネルギーを利用して、運動を行うのです。

なので、利用しているものが違うので、ウエイトトレーニングでつけたパワーが実際の競技で発揮されるかというと、そうではないのです。

重心の移動で生じたエネルギーなんです。この重心の移動で生じたエネルギーというものが人間の作り出せる最大のエネルギーなので、それを使うことを覚えることにより、飛躍的なパフォーマンスアップにつなげることが出来るようになるのです。

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野