形だけを追い求めても、、、うまくならないんじゃないですかね

アスリートコーチの鈴木です。

ゴルフの指導において、ものすごく細かく
フォームを教えている方を見かけました。

「テークバックの時に、腕が地面と平行になったときのクラブの角度がどうのこうの」
「インパクトの瞬間の左手の甲の角度がどうのこうの」
「クラブはの軌跡は最初はどう動いて、途中からどう動いてどうのこうの」

など、スイングのいたる部分のフォームの改善をしようと指導をしていました。

ものすごい単純な疑問なんですけど


『そんなん出来る??』


と思うのは私だけですか?

テークバックの動きの『途中の動き』で『腕が地面と平行になるのを感じ』ながら、平行になった時にクラブを感じなければいけないんですよね?
ヘッドスピード4、50m/sくらいのかなりのスピードで動いている時に、ボールとクラブヘッドを感じるのではなく、『自分の手の甲の角度』を感じなければいけないんですよね?
ボールにクラブヘッドを当てにいこうとしている軌跡を『途中から方向を変える』
ことをしなければならないんですよね?

かなり無理をさせているのではないでしょうか?


そもそも論としてですが、自分のMAXパワーを出そうとしている時(ゴルフのドライバーや、陸上の100mなど)は


『自分の骨格以外の動きは出来ない』


です。
自分の骨格以外の動きをしようとすることは、必ずパワーダウンしてしまいます。
なので、フォームなどの技術論が通用するのは、MAXパワーでは無い時(ゴルフでいうアプローチや、ジョギングなど)だけの範囲になります。

なので、マキロイの技術を盗んでも、タイガーウッズの技術を盗んでも、彼らと体が違えば、意味の無いものになってしまう可能性があるということです。

心技体という言葉がありますが、まさにその中でも
『体』
特に骨格というものを変えることが、結局は1番のパフォーマンスアップの近道だと思いますよ。

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野