走ることの基本ですが、異端と言われてしまう事かもしれませんね

アスリートコーチの鈴木です。

この写真は、ウサイン•ボルト選手を正面から撮影した映像です。

頭がかなり体の正面から外れています。そして、それに比例して
体もかなり傾いています。

日本では、胴体はまっすぐ固定して走るのを習うようです。
(陸上部の子から聞きました)
体幹の安定がスピードに繋がるというようなことを言うようです。

だとすると、ボルト選手のこの走り方は、日本の教科書からすると

「異端」

ということになりますね。


私はボルト選手の走り方は、全然異端じゃなく、むしろ

「基本」

だと思います。
非常にごくごく当たり前の事ですが、右足を着いたら、次は何足を着きますか?
考えるまでもなく

「左足」

ですよね。当たり前です。
重心が接地足から外れてしまえば、人間はバランスを崩してしまいます。
これも当たり前ですよね。

ということは、重心は、右足の上にあった後は、左足の上に移動するわけです。
ということは、重心は右足と左足の間を往復しながら、100m先に進んで行くのです。
ということは、頭•体は左右に揺れる動きが生じます。

バランスを崩すことなく、左右の重心移動を繰り返しながら進んでいくから
大きな力を発揮することが出来るのです。

何回か前のブログにフェデラー選手のサイドステップが、頭から行くという話をしましたが
直線を走るボルト選手も同じように、頭が重心移動の先頭になっていることがわかると思います。

私にとっては、走ることの基本だと思うのですが、皆さんにとってはどうでしょうか?
異端の考え方なのでしょうか?

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野