パフォーマンスアップの素

====
力の源
====
何かの動作を行うとき、必ず

「力の源」

が存在します。

走る時に体を前に進ませる為の、力の源
パンチを撃つ時に相手にダメージを加える為の、力の源
ピッチングの時にボールを加速させる為に必要な、力の源

当然ですが、どの動作でも必要なものです。
ではその力の源が、同じ動作をしたら、全員が同じ力の源かと言えば

それは人それぞれ違ってきます

なので、最適な力の源で動作をしてもらうことを指導するのが、指導者の役割になります。

私は常々、言っていますが、色々な競技の指導が出来るのは

『重心を動かして発生したエネルギーで動作をする』

ということを教えているからです。
つまり、どの競技でも力の源を、重心を動かして発生したエネルギーに変えることをしているのです。

色々な力の源はあっていいのです。競技の場面によっては、重心を動かして発生したエネルギーを使わない方がいい場面もあるにはあります。
そういった場合は、力の源は違うものに変わりますが、力の源という概念を理解しているので、他の力の源も作り出すことが出来るのです。

今まで使っていた、力の源を変える時には、動きに慣れていない為、パフォーマンスアップがいっときですが、でない時がありますが、大きな力の源に変えたその後のパフォーマンスの伸びは大きくなります。

力の源という概念をもってみるといいと思いますよ。


コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野