サイドステップの基本です

アスリートコーチの鈴木です。

フェデラー選手のフォアの時の写真です。

この形を真似して下さい。ということではありませんが
非常に参考になる要素があるので、お話しようと思います。

テニスは前後左右あらゆる方向に動かないといけない、大変ハードなスポーツです。
特にサイドステップは一番多く登場する動きなので
この動きの良し悪しで強さが決まると言っても過言ではないと思います。

ではこのサイドステップ、ちゃんと出来ていますか?

フェデラー選手のこの写真で参考になるのは
手の形でも、ラケットのポジションでも無く

『進行方向に対して、頭が先頭にいる』

という点です。
以外にやっている方が少ないですが、頭が先頭になって、サイドステップを行わないと
反応もスピードも遅くなります。
「体の軸をまっすぐにして、プレイを行う」
というようなことをテニスでは習うようですが(聞いた話ですが)
まっすぐにすれば反応もスピードも遅くなり、さらにはそれを続けていると
疲れやすくもなるという、あまりいいことがないステップの方法になってしまいます。

頭が動くことによって、背骨は動きます。
頭が動いてないと、背骨も反応が弱くなります。

『サイドステップは頭から』

ほとんどの方が出来てないことではないでしょうか?
騙されたと思って、試してみて下さいね。
騙されて無いことに気がつきますよ。
そして私の指導を受けたくなるかもしれませんね^^



コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野