自然体が確かにいいのですが、、、

アスリートコーチの鈴木です。

スポーツにおいて、構えや、フォームなどを指導する際に

『自然体』

という言葉を用いる方がいます。
体のどこにも力が入ってなくて、脱力が出来ていて、スムーズに動く為の姿勢というようなイメージで使われることが多いのではないでしょうか。
筋肉ではなく、骨で、骨格で立つ。そんな時にも使われる言葉なのではないでしょうか。


確かに、過度に緊張をして、筋肉に力が入り、というような状態になっていると
動きだしなどに無駄が生じてしまうことがありますので、自然体、脱力というのは
とても大事なことであると思います。


しかし、自然体というのは、あくまでも

『現在の自分の体のMAX』

しか、導くことは出来ません。
現在の自分自身の骨格の中で、最大の力や、最大のパフォーマンスを出すのには
確かに必要な要素です。
しかし、自分よりもいい骨格の持ち主が、同じように自然体でいることが出来るようになったら
どうでしょう??


おそらく勝てないですよね。
なので、自然体でいる技術や練習は確かに大事だと思います。必要だと思います。
ただ、自分の骨格をまずは良くしないと、せっかくの自然体のレベル自体があまり高くないという、非常にもったいない状況を作り出してしまうかもしれないのです。

『自分の体のMAX』ではなく、『自分を超えたMAX』を手に入れることも大事な要素なのではないでしょうか?
自分の才能•運動神経を変えて、自分を超えるという概念も持つといいのではないでしょうか?

http://www.suzuki-yoshimasa.net/才能-運動神経を作り変える指導/

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野