遊び心もってます?

アスリートコーチの鈴木です。

『コンタクトポイント』

こういった言葉を私は指導で使います。
何かと言うと、その競技の目的の物体(ピッチャーならボールと手、バッターならバットとボール)
が接触する所の部分をいいます。

運動指導において、ここをおろそかに考えて指導をしている方が多いのですが
私はここが1番大事だと考えています。
当然ここが悪けれれば、どんだけ大きな力を体で生み出せても
それが全くボールなどに伝わらなくなってしまい、勿体無いのです。

ピッチャーの方なら

『ボールをどういう持ち方しているか』

これで、今後起こりうる
•ボールを押すという動作
•ボールに回転をかける動作
というのが、大方決まってしまいます。

さらに、変化球の種類を増やすのも、ここ一つです。
変化球は持ち方で決まります。
投げ方では決まりません。
投げ方を変えてしまっては、変化も弱くなりますし、フォームでどの球種が来るか
バッターに読まれてしまいます。

どの指が触れるとどういう変化が起こるかな?
どの球の角度にすれば変化するかな?
指2本で持つ?3本で持つ?
指と指の間隔は?

など
『遊び心』
をもって、こうかな?ああかな?
というように、実験的に見つけていくのが変化球を作り出すポイントです。
多くの選手が、握り方は教科書的な握りで、それをどう曲げようかなと
投げ方を工夫している方がいますが、それでは変化は弱いです。
基本的に変化を起こしてくれるのは空気ですから、空気に対して
どの角度で、どのような回転でぶつかるか
これが変化を決めます。

スポーツは楽しんでやるのが1番です。
遊び心をもって練習に試合に取り組んでいきましょう。

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野