バランストレーニングでバランスは良くなる?

====================
バランストレーニングでバランスは上がる?
====================
アスリートコーチの鈴木です。

ラグビーのW杯が開催されていますね。
ベスト4が出そろい、順当な4強になったのではないでしょうか。
ラグビーの試合を見ていて、オールブラックス(ニュージーランド代表)
のボディバランスの良さがみていて、印象的です。
どんだけ当たられても、転ばずに進み、転びながらもパスを落ち着いて出せる。
あのボディバランスの良さはどこから来ていると思いますか?


体幹を鍛えればあのボディバランスは獲得出来るでしょうか?
まったく無理ですね。
バランスボールに乗れればあのボディバランスは獲得出来るでしょうか?
まったく無理ですね。
片足スクワットが出来ればあのボディバランスは獲得出来るでしょうか?
無理だと想像出来ますよね。


あのボディバランスが獲得出来れば、タックルを受けても前進することは出来ますし、変なパスミスも無くなりますし、高速の方向変換で相手をすり抜け、トライを決める事が出来るようになります。


これは他のスポーツでも当てはまるのは、言わなくてもわかると思います。
サッカー、バスケ、テニス、、、
錦織圭選手みたいに体に紐付けて引っ張ったって、ボディバランスは上がらないですよ。むしろバランスが悪くなって今年の後半の錦織圭選手は、格下相手に負けを重ねてますね。


あのボディバランスのキモは
『背骨でバランスを取ることが出来る』
ということです。タックルを受けても背骨の動きが止まらない、そんな印象になるでしょうかね。日本の選手はタックルを受けると体を固めてしまう選手がほとんどでした。しかしオールブラックスの選手や、ワラビーズの選手たちは、体を固めるどころか、背骨が動いて、バランスをキープしていて、さらに1歩もう1歩踏み出すことが出来ていました。


もちろんこれが出来るには背骨の形がよくないと出来なのは言うまでもなくです。
日本の選手たちがいい背骨を手に入れることが出来れば、ベスト4進出なども視野に入れることが出来るようになるのではないでしょうか。

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野