猜疑心を持つことはいい事?

アスリートコーチの鈴木です。

皆さん、

『猜疑心』

という言葉を聞いてどう思いますか?
人を疑ってかかるとか、物を斜めに見るとか
あんまりポジティブなイメージはない言葉でしょうかね。

確かに人を疑ってかかるような人間ではいたくないのは誰もが
思うことだと思います。

しかし、私が猜疑心を持つのは

『練習方法』

についてです。
本当にこの練習は選手を強くしているのかな?
本当にこの練習はパフォーマンスを上げるのにベストな方法なのかな?
この練習を続けていれば世界と戦える選手になるのかな?

ということを私は常に考えているのです。
そういった意味で、猜疑心の塊です^^

皆さんも考えてみてください。

『今やってる練習を極めれば、日本一になれますか?』
『今のトレーニングの練習量を誰よりも増やせば、世界で戦えますか?』
『今の体のままで、ご自分の納得いく競技生活をおくれますか?』

自信をもって『はい』と言える方はいいと思います。
どんどん練習を続けて下さい。
『いいえ』と答える方
もう一度見つめ直してみてはどうでしょうか?
自分で回答を見つけ出せるならいいと思いますが
もし自分で見つけれない方は、誰かに聞いてみた方がいいのではないでしょうか?

私はその回答を選手に届けるのが仕事です。

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野