本当に多い、そもそも力が出ないフォーム

アスリートコーチの鈴木です。

最近、野球の指導をすることが多いのですが、ほとんどの方が
同じようなところで悩んでいる、というか認識していない感じなので
ここで書かせていただこうかなと思います。


写真は、落合GMの現役当時の写真です。
以前にも使わせてもらった写真です。


左足を接地し、いざ打ちに行くぞって、力を込める瞬間です。
この時の、腕の位置が、バッティングの良し悪しを決めるといっても
過言ではありません。


ほとんどの選手がこの時に、もうすでに顔の近く、ひどい選手になると顔と並んだ位置に
きてしまっています。
そこからどうやったら力が出るんだと、疑問に思ってしまいます。

走り幅跳びで、助走が1mくらいしかない状態で、しっかり飛べますか?
どう考えても飛べないですよね。それと同じような状況になってしまっているということです。


色々な指導をされる方がいますが、形をどんだけ良くしても、そもそも力が生まれて無ければ、ボールに力を伝えようがありません。
まずは、大きな力を生み出すことが先決なのではないでしょうか。
しかし、ホントに多い、、、

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野