エネルギーを生み出してこそ

アスリートコーチの鈴木です。

前にも書いたかもしれませんが、私の指導方法は日々進化しています。


『どうすれば、選手が最短最速で結果を出すか?』


ここを常に考えているので、より結果が出る方法を毎日試行錯誤しています。


最近の私の指導はまた少し変わってきていて

•骨格の改善
•その競技の効率的な技法習得

この二つの柱はあまり変わらないんですが

•その競技の効率的な技法習得
の方法が進化してきているのを感じます。


どう進化しているのかと言うと

『その競技で外せないキモのタイミングで、エネルギーを生み出させる』

というような感じです。文章だとちょっと良い表現が難しいですが、、

写真を見ていただきたいのですが、これは
現•中日、落合GMの現役の頃のバッティングの写真です。

とても見事なテイクバックです。

『その競技で外せないキモのタイミング』
というのは、野球で言うと、いざ打ちに行くぞっていう、写真のタイミングの時です。
この時にいかにエネルギーを生み出すことが出来る所にバットがあるか
という事が大事なのです。

このポジションを取らせる事が出来れば、自然と力も出るし、ボールに回転も加えれるし、ボールをよく見ることが出来るようになるし、良いことづくめです。

逆にこのポジションを取れないと、どう頑張っても、力は出ず、回転も加えられず、ボールを見ることが出来なくなってしまいます。

なので、骨格の改善で、このポジションを取ることが出来る骨格に変え、このポジションでボールを捉える練習をする。こんな指導になるのです。

そうすると選手は勝手にパフォーマンスのレベルが上がっていくのを感じる事が出来ます。

『俺はまだまだ強くなれる』

漫画ONE PIECEのゾロの言葉です。
私はこの言葉が大好きです。現場に満足せず、これからもどんどん進化を続けていきたいと思います。


コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野