フェデラーの重心移動

アスリートコーチの鈴木です。

現在、テニスのウインブルドンが開催されています。

順当所が勝ち進んでいる今大会ですが
やはりこの選手に目を奪われてしまいます。


『R.フェデラー選手』


です。
言わずと知れた、テニス界のスーパースターです。

彼の技術は全てが超一級品です。
サーブ、フォア、バック、、、
しかし私は彼の


『重心移動』


これが他の選手よりも
圧倒的にすごいことが、彼の強さの根幹だと思っています。

読んで字のごとくですが、彼は重心がめちゃめちゃ速く動きます。
横に移動する時などは顕著で、足で地面を蹴って移動する要素がほとんど無く
重心を移動させるだけで、横方向の移動を完了させてしまいます。

なので、左右にかなり振られたとしても、すぐに切り返して戻ってくることが
可能なのです。

錦織圭選手も内的運動量の一致により、他の選手に比べて、バランスは良いのですが
重心移動が弱いので、左右に振られると帰って来れなくなってしまいます。

さらにフェデラー選手は、重心移動によるエネルギーを用いてスイングをしているので、移動しながらショットを打つことが出来るので、プレイ全体で動きが止まる時が全く無くプレイが出来るのです。

アンディ•マレー選手という世界ランク現在3位の選手がいますが、彼は重心を止めて、重心を固定してラケットを振り回すタイプの打ち方をするので、プレイ一つ一つが毎回止まってしまい、何とも見ていて疲れてしまいます。日本のテニスをやられている方はマレー選手のファンも多いと聞きます。
同じようなタイプのプレイをするマレー選手に近いものを感じるからかもしれませんね。

ピークを過ぎたと言われるフェデラー選手ですが、筋力を使って移動•ショットなどを行っているわけでは無いので、まだまだやれるのではないでしょうか。まあ体力という面、疲労回復という面ではやはり年は大きな要素になるとは思いますが、、、
動きそのものには何の影響もないのではないでしょうか。

今回のウインブルドンも是非優勝して欲しいと思います。
やっぱりかっちょいいですもんね^^

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野