さすが

先日、書店でこんな本を見つけました。

『落合博満 バッティングの理屈』

以前から、日本No.1のバッターだと思っていた
落合選手(今は落合GMと言った方がいいですかね)

その彼の本、見ないわけにはいかないでしょ
ということで、即買い。


そこに書かれている内容は
日頃私が思っていること•指導している内容とかなり類似した
考え方でした。

例えば
•バッティングはトップの位置をいかに決めるか
•トスバッティングよりかはティーバッティング
•重心移動の方法
•コンパクトスイングの考え方
などなど

なんか、ちょっと嬉しい気持ちになりました。
さすが落合!さすが俺^^


あれを読めば、バッティングの理屈は完璧になるのではないでしょうか
そして私の指導を受ければ、それを体現出来るようになります。

ホームランも打て、打率もしっかり残せる選手になりたい方
プロになりたいと思っている大学野球、独立リーグでプレイしている方
なかなか1軍に上がることが出来ない2軍のプロ野球選手の方

t.a.creators@gmail.com

にメールを送れば、あなたも三冠王になれますよ。




コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野