バッティングはフルスイングが正解??

アスリートコーチの鈴木です。

昨日、私の指導している選手にこんなことを言われました

『鈴木さん、バッティングって、当てるだけなんですね』

『バッティングの真髄を見た気がします』

ん~素晴らしい!!

この感覚こそバッティングに必要な要素です。

バッティングはしっかり振らなければ、フルスイングをしなければ
いけないと思っている人が多いですが
それではタイミングが合わず、しっかり力が伝わらず
結局飛距離が出てきません

ひどい方になると、一つのスイングに4つくらいタイミングを
取らなければならなくなっている方がいます
(足を踏み出すタイミング、腰を回すタイミング
肩を回すタイミング、バットを出してくるタイミング、などなど)

なので、バッティングというのは

『当てるだけ』

に尽きるのです。
もちろんその前に色々な準備はありますけどね^^

その感覚が出てくると
速い球ほど簡単に打てるようになります。

なぜなら、速い球の方が
ボールが勝手にエネルギーを持ってくれて
いるわけですから
自分でエネルギーを加える必要がありません。

バッティングが当てるだけでいいと
感じられると、写真のような選手に
なれるのではないでしょうか^^

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野