イチローと大谷君

アスリートコーチの鈴木です。

『イチロー選手と大谷選手』


ともに球界のスーパースターです。

http://sportsbravo.info/feeds/1968

この映像は2人のライトから、サードへの返球の動画です。
2人ともレーザービームと言われる、素晴らしい返球です。


ただよくよく見てみると、2人のスローイングシステムは若干違うようですね。

http://sportsbravo.info/feeds/1968
イチロー選手はどのようなシステムかと言うと

『肩甲骨をぶっ飛ばしている』

という表現がしっくりくるかなと思います。
ボールを投げてはいるんですが、ボールだけが飛んでいくというよりかは

『ボール、腕、肩甲骨』

それら全てをぶん投げている、そんな印象があります。
当然ながら、肩甲骨周りが柔らかくなくてはいけません。

腕が肩にくっついている状態で投げると、当然ながら腕は肩を中心とした円運動をします。
なので、
飛んでいくボールも放物線を描くようなボールとなり、直線的には飛んでいきません。
しかし、肩甲骨ごとぶっ飛んでいくことにより、円運動ではなく、直線運動を行うことが出来るようになるのです。なので、イチローのようなレーザービームを達成することが出来るのです。

http://sportsbravo.info/feeds/1968
かたや、大谷選手はどうかというと、もちろん肩甲骨もぶっ飛んではいますが、どちらかというと、

『ボールに強烈な回転数を加えている』

という表現になると思います。
手のひらをボールが転がることにより、ボールに強烈な回転数が加わり
ボールの終速が落ちることなく、後半に伸びるような返球になります。
なので、セカンドベースを超えたあたりからのスピードがすごいのも頷けると思います。

まあいずれにせよ、すごい返球で有ることに変わりはないと思います。
このような選手が増えることを祈るばかりです。
http://sportsbravo.info/feeds/1968