宮里藍はよく理解をしている選手

http://sportsbravo.info/feeds/5074

アスリートコーチの鈴木です。


『宮里藍』

ご存知の通り、女子プロゴルフ界のスター選手です。
ゴルフをやらない人でも、石川遼、宮里藍は知っているのではないでしょうか。



その彼女のスイングは、ゴルフというスポーツをよく理解しているなというのが、感じられるスイングだと思います。
http://sportsbravo.info/feeds/5074

どういうことかと言うと、道具を使うスポーツ、特に球技というのは、必ず

「コンタクトポイント」

というものが出てきます。
野球のピッチャーで言うと、手の指とボール
サッカーのシュートで言うと、足の甲とボール
テニスで言うと、ラケットの面とボール
などです。
もう少しいえば、このコンタクトポイントが弱かったり、ずれてしまったりということが起こると、パフォーマンスというのは、必ず低いものになってしまいます。


ゴルフで言うところのコンタクトポイントは、当然ですが、クラブヘッドとボールです。
なので、このクラブヘッドがどのようにボールにぶつかるかが、ゴルフにおいては1番大事になってくるわけです。
しかし、多くのゴルファーはスイングの形(自分の体がどうやって動いているかどうか)を気にされて、コンタクトポイントはそれほど気にされていない傾向があります。


いや、「当たり方が悪ければ、スライスしたりするから感じてるよ」、と言われるかもしれません。そりゃ当たる瞬間とかは感じられると思いますが、スイングの最初から最後まで、クラブヘッドがどのように動いているかを感じれている人はなかなかいないと思います。


宮里藍選手はその、クラブヘッドを感じることが、どの女子選手よりも断然いいと思います。
なので、彼女のスイングもクラブヘッドの動きが感じれる•感じやすくなるようなスイングをしています。


どうすれば感じやすくなるかというと、
「遠心力軌道上に、クラブヘッドを乗っけてしまう」のです。
ちょっと難しい表現かもしれませんが、身体を中心点として腕•クラブヘッドが身体を使う事が出来る最大半径を通すことにより、遠心力軌道上にクラブヘッドを乗せることができているのです。


コンタクトポイントをよく理解している人のスイングだなと思い、感心してしまいます。
次のオリンピックにゴルフが正式種目として登場するようなので、是非宮里藍選手には金メダルを狙って欲しいと思います。