成功率を高くして練習をする

パフォーマンスアップコーチの鈴木です。


ゴルフにおいてパッティング数が勝敗を分けることはとても多い事です。


18ホール、つまり18回カップインするわけです。

全部2パットで36打ですから、30を切る事が大事になってきます。


例えば先ほど言ったように、36打かかったとしましょう。

すると、パットの確立は18ホール÷36パット=50%の成功率です。


多くの方がパットの練習をするとき、ロングパットの練習をしなければならないと考えているかもしれませんが、私はこの練習のときに50%の成功率を切るのであればやらないほうがいいと思っています。

「入る」という感覚は独特なものであって、成功体験を重ねてうまくなっていくものです。

ですから、私がお勧めする練習方法は、80%を切らないようにパットの練習をするということです。その中で、難しいパットの練習をしなければうまくはなっていかないと思います。


近い距離でいいので、成功率80%をきらない練習を重ねていきます。

その確率を保ったまま、距離を伸ばす練習をしていくのです。そうすると、長い距離も確立高くカップインすることが出来るようになるのです。

ぜひ試してみてください。おもしろいようにパットが入るようになります。

そしてタイガーみたいにガッツポーズを決めて下さいね^^



コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野