変化球を練習するとストレートが速くなる

アスリートコーチの鈴木です。


「変化球の練習をすると、ストレートが速くなる」。 

は?という方が多くいると思います。

変化球の練習なんだから、変化球がうまく投げ分けれるようになったり、コントロールがよくなったり、新しい球種が増えたりするんじゃないの?といわれそうです。


まったくその通りです


そりゃ変化球を投げたときは変化球の練習ですが、その次に投げるストレートが速くなるということなのです。

そうなの?と思われるかもしれませんが、ただやみくもに変化球の練習をしても、ストレートには反映されません。

ある意識をもつことや、ある事に基づいてやることで、変化球の練習をすると、ストレートが速くなります。


それは一体どういう意識なのかというと、


手の中を転がる


という意識です。

ボールに自分の力を加えるのは、手の中を転がっている時なのです。

変化球はいかにボールに回転の力を加えれるかが勝負です。

なので、変化球の練習を、手の中を転がる意識を持って行っていると、その後のストレートの練習の時に、尚一層、手の中を転がる意識が持ちやすくなるのです。


この意識があるかないかで、球の質というのは全然変わってきます。

世界を目指すなら、この感覚を手に入れることはmustだと思いますよ。

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野