イチローの凄さの一つ

イチロー
イチロー
パフォーマンスアップコーチの鈴木です。

ご存知、日本が誇る世界のイチローです。
イチローを今更語るのか、と思われる方も多いと思いますが、ちょいと話させていただこうかなと思います。

走、攻、守全て兼ね備えたイチロー選手、その全てが世界レベルというのは本当にすごいなと思いますし、それを当たり前のようにさらっとこなすように見せるところがまたカッコいいですよね。

まあ、イチロー選手に言わせれば、結果を出すための準備をしっかりしているだけと、いうことなんだそうですが、やはりすごいですよね。


今回はそういった観点での話ではなく、この上の写真の、イチローの代名詞のこのポーズ。
これについて少しお話をしたいと思います。


皆さんは

体性感覚

という言葉をご存知ですか?
色々な本に色々な定義が書いてあるでしょうが、私なりの解釈から言うと、

自分の体がどうなっているか、感じ取る力

と解釈しています。
鏡を使わずに自分の背中を見ることはかなり難しいです、というかおそらく無理ですよね。
では、自分の背中がどれだけ丸まっているか、とか、どれだけ反っているのかが全くわからないか?と言われたら、そうではないですよね、ある程度感じる事が出来ますよね、これが体性感覚です。

この体性感覚が劣ってくるとどうなるのかと言うと、自分では10cm腕を動かしたつもりが、実際には8cm程しか動いてないという状況になることがあるのです。

これはスポーツ選手にとってはかなり致命的ですよね。


そこでイチロー選手のあのポーズ。毎回のルーティンとして自分の感覚のズレを修正していると、インタビューに答えているのを見たことがありますが、これこそまさに
体性感覚の調整だと思います。


自分のバットコントロールが自分の思い通りにいくかどうか、それを調整する毎回のルーティーン。
そんな位置づけなのではないでしょうか。
体性感覚という言葉を知っているかどうかは知りませんが、感覚として、それを感じ取っているイチローせんしゅはやっぱりすごいですね。
世界のICHIROですね。
まだまだ活躍を期待しています。

コンテンツ一覧

スポーツパフォーマンス分野

>野球コンテンツ1

(球速をあげるには)

>野球コンテンツ2

(バッティングの能力)

>野球コンテンツ3

(背が大きくないピッチャーでも速い球は投げれます)

>野球コンテンツ4

(速い球ほど簡単に打てる)

>野球コンテンツ5

(マウンドをうまく使う為に)

>野球コンテンツ6

(ピッチングの足幅はどれくらいが最適か)

>野球コンテンツ7

(内的運動量の一致)

>野球コンテンツ8

(野球における足の速さとは)

>野球コンテンツ9

(守備のスペシャリストの感覚)

>野球コンテンツ10

(運動動員率をあげて飛距離をあげる)

>野球コンテンツ11

(高校野球で勝つには)

>野球コンテンツ12

(ストレートという魔球)

>野球コンテンツ13

(球持ちがいい?)

トレーナーマーケティング分野