2020年に

 

【バッティングセオリーバイブル2020】

 

を出版させて頂きました。

今までのバッティング指導の理論を余すことなく

盛り込ませて書かせて頂きました。

これを実践していただければ飛距離も打率も

向上すること間違いなしの内容になっています

 

私のおすすめは各選手の分析の項目です。

メジャーのバリーボンズ選手から

日本のレジェンドイチロー選手

日本球界の宝大谷翔平選手など、様々な選手のバッティングのエッセンスを書かせて頂いてます。

参考にして頂き、ご自身のバッティングに活かしてもらえたらなと思います。

購入希望の方はご連絡ください。

随時対応させて頂きます。

2019年に

【野球セオリーバイブル2019】

を出版させて頂きました。
ピッチングに絞り、今まで多くの選手のピッチングを改善してきた
ピッチングの理論を余す事なく盛り込ませて書かせて頂きました。
これを読んで、しっかり実践してもらえれば球速が上がる事
間違いなしだと思います。



目次

●優先順位の話●ピッチングの考え方●ボールを押す話●コンタクトポイントの話
●ボールの回転数の話●親指の位置●フォーム変化●野球の行いやすい腕
●ゼロポジションに入るタイミング●フェーズ変化と運動連鎖
●野球の行いやすい体●野球の行いやすい体(重心関連)
●球速の正体●二次加速●一般性と個別性●エネルギーの話
●怪我をしてしまう理由●並進エネルギー●制御系の動き、開放系の動き
●回旋エネルギー●位置エネルギー●二次加速の方法

購入はお問い合わせからご連絡下さい。
2019年1月1日に2冊目の本

【骨格スプリント〜足の速さは「骨格の結果」だった】

を出版させて頂きました
スプリントの為の骨格という非常にニッチな世界の話を書かせて頂きました




章構成

●第1章  速く走る為の骨格を手に入れるには
●第2章  走り方を改善してスプリント能力を向上させるには
●第3章 速く走るための下半身とは

購入はアマゾンから出来ます
↓↓↓↓

2015年末に本を出版させて頂きました。


「お尻の穴を締めましょう」「反り腰はよくない」などといった事が、
健康やスポーツに関する多くの本で言われていますが、本当にそれ正しいですか?

そういった体に関する間違った常識を正し、体の取扱説明書として、
自分の求める体(美容、健康、競技)に変える方法を説明している本となります。


■章構成

●まえがき 
今知って、今始めよう 
●第1章 お尻をシメると、お尻はタレる 
●第2章 体の王様 
●第3章 体は専門家の集まり 
●おわりに

 

本を購入するには

↓↓↓↓

こちらをクリック